さんまのまんま放送終了 明石家さんま引退か!? 31年の歴史に幕

『さんまのまんま』9月いっぱいで終了



001.jpg

お笑いの大御所、明石家さんま(61)が司会を務めるフジテレビ系バラエティー『さんまのまんま』が、9月いっぱいで終了するという衝撃ニュースが流れた。

今年で31年目を迎える『さんまのまんま』。さんまさんの自宅にみたてたセット部屋に数多くのゲストが訪ね、台本のない自然体なトークを繰り広げる人気長寿番組であるのはみなさんご存じだろう。

さんまさんがゲストの本音をうまく引き出し、普段見れないタレントの姿を楽しめる貴重な番組だった。


スポンサーリンク





『さんまのまんま』数多くの多彩なゲスト



02.jpg

1985年4月番組がスタート。初回ゲストはタレントの榊原郁恵さん。
関西テレビ制作で、関西地区ではゴールデンタイムの平均視聴率20%(ビデオリサーチ調べ)を超える人気番組で、1987年の秋吉久美子さんがゲストの放送回では番組最高の31.8%という高視聴率を記録したこともある。

今はほとんど共演のない松本人志さんのゲスト回や犬猿の仲とうわさされる上沼恵美子さんのゲスト回は貴重で面白い内容だと感じた。

この31年での放送回数は1442回(8/3現在)。ゲストはのべ2000人以上。
数多くの冠番組を持つさんまさんにとっても最長寿の番組だった。

30年を一区切りと考えた明石家さんまさん本人と関西テレビ関係者が相談の上レギュラー放送の終了を決定したそうだが、またひとつテレビの歴史が移り変わっていくの目の当たりにし、さみしい限りである。

9月25日(関西は24日)放送分が最終回となるそうで、ラストのゲストが誰になるのかが非常に気になる部分。伝説の番組となるであろうフィナーレをしっかり目に焼き付けたいと思う。

関連記事
さんまのまんま 最終回 ゲスト候補
さんまのまんま 【動画】 出川哲郎の魅力
さんまのまんま 大泉洋トーク全開【動画】
さんまのまんま 上沼恵美子 出演動画