ガッテン つら~い冷え症が改善!血管若返り術 2017年2月8日(水)NHK総合

2017年2月8日(水)のガッテンは「冷え性」の特集



001.jpg

002.jpg

寒い季節は冷え症に悩む人がたくさん!

今回の特集では医学と運動科学を結集して新しい改善ワザを開発!

冷え症だけでなく、血管まで若返らせてしまう驚きワザを紹介!

スポンサーリンク






冷え症の10人に1人が命の危険にさらされている?!



冷え症だと血管が硬くなって老化が進み、血圧に異常が起きることがあるそうです。

それを一挙に解決してくれるの新ワザが今回紹介される「血管のばし」

これを3週間ためした皆さんは、手足がポカポカになり、冷え症が改善され、血管も柔らかくなって血管年齢も若返ったそうです。

冷えに悩んできたゲストの眞鍋かをりさんも、その効果に驚いたそうです。

1日たった10分で冷え性体質が改善されるという「血管のばし」

今回もガッテン見逃せません!

003.jpg

ゲストは梅沢富美男さん・眞鍋かをりさん・大島麻衣さん

スポンサーリンク






脳梗塞を引き起こす“危険な冷え症”



冷え性の人で危険なのは血圧変動が激しい人だそう。

0004.jpg

立って座っての前後血圧差が15以上の場合は24時間血圧測定して確認必要があるようです。

硬い血管で血圧調節が上手く出来ない体質では、普段ちょっとした弾みで血圧急上昇して脳内血管破れ脳梗塞引き起こす恐れがあるらしいのです・・・

血圧変動の振り幅が大きい(変動型高血圧)は脳梗塞のリスクが高くなるそうで、 原因として自律神経の乱れ ・血管の硬化があるのだそうです。


スポンサーリンク







血管の硬化を解消する「血管のばし」



血管のばしのやり方 (呼吸は止めないのがポイント)

①ふとももの血管のばし

0005.jpg

1.正座の姿勢から両手を前につき、片方の足を後ろに伸ばす。
2.腰を曲げずに、顔は正面を向いて、太ももの付け根をストレッチする。


②ヒザの血管のばし

0006.jpg

1.両手で片方のヒザを押さえる。
2.反対の足をゆっくり曲げながら腰を引き、ヒザの裏をストレッチする。



③ふくらはぎの血管のばし

0007.jpg

1.正座の姿勢から、片方の足を立てる。
2.両手をヒザの上に置いて、反対の足を軽く開く。
3.胸を太ももに付けるように体を前に傾ける。

痛みを感じない範囲で行いましょう。


スポンサーリンク







「血管のばし」を試した方の感想



・ガッテン血管のばしすげぇ!めっちゃすぐ効果出る!足先ポカポカ!

・ガッテンの冷え性ストレッチやってみた。脚がすっきりしたー。こりゃええわ。

・ためしてガッテンの血管伸ばし→わぁポカポカ→5分→寒い


左右30秒ずつ、1日2回(朝と夜)行うとよいそうです。
「血管の若返り」で冷え症を改善しましょう!


★関連記事★
ガッテン 決定版!コラーゲンの効果100%活用SP 2017年3月1日(水)NHK総合
ガッテン 脳を活性化!血糖値ダウン!新発見「骨ホルモン」SP 2017年2月15日(水)NHK総合