ガッテン 脳を活性化!血糖値ダウン!新発見「骨ホルモン」SP 2017年2月15日(水)NHK総合

001.PNG

最新研究で分かってきた「骨ホルモン」のパワーを特集!

「骨ホルモン」は、今世界中の研究者が大注目している新物質。

血糖値の大幅低下、ボケない元気な脳に効果が期待されます!

003.PNG

スポンサーリンク






002.PNG

東洋医学の考えにも骨髄と認知症の関連が示されているそうです。

骨を上手に刺激すると骨から大量に「骨ホルモン」放出され、全身へ運ばれ、脳や肝臓、すい臓、腎臓など、様々な臓器を活性化してくれることが分かってきたそうです!

スポンサーリンク






骨ホルモンが少ない人は、糖尿病や動脈硬化などを引き起こす可能性が高まる危険が・・・。

今回のガッテンは、骨を効率よく刺激して骨ホルモンを放出させるワザを徹底解説!

1日1分の新習慣で、健康な身体を手に入れよう!

005.PNG

ゲスト
指原莉乃・柴田理恵・内山信二


「オステオカルシン」=「骨ホルモン」



004.PNG

骨ホルモンパワー!
骨は硬いだけの物体じゃなく生体臓器と呼んでもよい身体のバランサーの役割を果たしているようです。

骨の中のタンパク質「オステオカルシン」を研究中に糖尿病のマウスに投与したところ血糖値が下がりインスリンの分泌が正常になったとの研究結果が出たそうです。

オステオカルシンにより脳、肝臓、心臓、腸、精巣、皮膚、腎臓への効果が確認されているそうで、胃と肺は研究段階なのだそう。

つまり骨ホルモン=オステオカルシンは胃と肺以外の全ての臓器の働きを活性化させるのです!

骨ホルモンが臓器を活性化する効果があるとのことですが、豚骨ラーメン食べても効用は無いようです。残念。

スポンサーリンク






糖尿病にも効果?かかと落とし



血糖値も下げる効果がある骨ホルモン増やす裏技とは「かかと落とし」

かかとへの衝撃で骨細胞を刺激する効果があるようです。

0005.jpg

「かかと落とし」は背筋を伸ばして、つま先立ちしてゆっくり伸び上がり、思い切りかかとを落とすだけ。その衝撃は体重の3倍にもなるらしいのです。

体内の細胞を活性化して骨密度もあがり、付随した臓器も活性化するお得な裏ワザ!

1日30回で効果絶大とのこと!

骨のためにはGを感じたほうがいいらしいので番組内ではジェットコースターに乗って、骨への負荷をかけていましたがコレはやりすぎのようです。。。

まとめ



つま先でスっと立ち一気にかかとを落して骨に衝撃を与える「かかと落とし」

骨ホルモン(オステオカルシン)が増え、色んな臓器にいい影響が与え、血糖値も下がり骨密度もあがるすばらしい体操。ぜひ継続して健康な身体を手に入れたいものです。


★関連記事★
ガッテン 決定版!コラーゲンの効果100%活用SP 2017年3月1日(水)NHK総合
ガッテン つら~い冷え症が改善!血管若返り術 2017年2月8日(水)NHK総合