千眼美子 告白本の内容と感想 ガッキーについて

宗教団体「幸福の科学」に出家した女優の清水富美加さんが本名の「清水富美加」から「千眼美子」と法名に変更しました。

0000.jpg

千眼美子としての告白本『全部、言っちゃうね。』が2月17日に発売され、その中で騒動の真実を語っています。


スポンサーリンク







千眼美子 告白本の内容は



0001.jpg

前書きで仕事の関係者に謝罪し、「遺書」を書くような思いで本を出版したそうです。

「遺書」を書くようなつもりでも自分は死なないとコメントし、なぜ今なのか?についても語っています。

世間から「洗脳」されているんじゃないかと思われることに対しての発言や、所属事務所「レプロ」の過酷な労働環境について、給料の事について事務所とモメていたことなどにも触れているそうです。

・交通費も支給されず、歩いて帰ったことも。。。
・年収1千万円以上。しかし実際に稼いだ額は1億円以上。
・水着撮影の強制からリストカットや自殺未遂
・気持ち悪いおじさんとの握手会について
・事務所のマインドコントロールについて
・デビュー当時の厳しい生活、マネージャーへの言葉

などなど。

自分には向かない芸能の仕事で激しいストレスを感じ、「悪霊」に体をのっとられることが度々あった経験も語っています。

その苦しい芸能生活を救ってくれたのが幸福の科学のAさんという人物の存在があったそうで、出家する決意を固めたのもその人物の影響があるようです。



スポンサーリンク








同じ事務所の新垣結衣について



0002.jpg

話題になっている同じ事務所の人気女優ガッキーこと新垣結衣さんについてはあまりふれられていないようです。

ただ所属事務所「レプロ」の過酷な労働環境について千眼美子さんの告白本で暴露されていたことが本当なら、人気女優ガッキーこと新垣結衣さんにも語れない芸能界の裏側、悪質なプロダクションの姿が存在するのかもしれませんね。

★関連記事
千眼美子とカナブーン飯田「不倫破局」の真相
千眼美子 カナブーン飯田との不倫関係発覚
千眼美子の告白本の内容 レプロの実態
千眼美子の告白本 高畑裕太に関する内容!