カルテット最終回人生チョロかった3/21TBS

karutetto.PNG

TBS『カルテット』松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平の4人の巧みな会話劇で注目を集めていた人気ドラマが最終回を迎えました。


主婦の巻真紀(松たか子)、無職の世吹すずめ(満島ひかり)、美容室アシスタントの家森諭高(高橋一生)、ドーナツ会社勤務の別府司(松田龍平)は、それぞれ音楽で食べていく夢をかなえることができずに、立ち止まったままでいた。

カラオケ店で偶然出会った4人は、ひょんなことからカルテットを組み、冬の間を司の祖父が所有する別荘で過ごすことになる。

家庭があるため週末だけ軽井沢に通う真紀、マイペースだが、一度チェロを手に取ると人が変わるすずめ、理屈っぽく、こだわりが多いが本人に自覚はない諭高、そして、そのまとめ役でリーダー的存在の司。

そんな4人の偶然の出会いには、隠された秘密があった…。


夢に破れた30代の演奏者4人がカルテットを組み、軽井沢で共同生活を送ることとなったひと冬の物語を描くこのドラマの最終回に多くの人が、さまざな感想を述べています。


スポンサーリンク






最終回みぞみぞしながらみてる。 今日で終わるの悲しい。

いい終わり方に向かってってる感。社会で叩かれた古傷ある人間が組むことで逆に恥ずかしい穴をさらけ出し輝くカルテットドーナツホールの大団円。

「泣きながらごはん食べたことがある人は生きていけます」 これ、いちばん刺さったかも。



スポンサーリンク






4人の弱さが、弱い4人が差さえあって、1つのカルテットを形成してる。たとえ缶をステージに投げ込まれても。みんなの、カラオケ屋での。今までの。この4人の何気なかったあのやり取りがあれば、演奏なんて中断されない。みんなこの4人の話題性じゃなく、音楽を。聴いて欲しい。






人生チョロかったーーー!!!というアリスの叫びのあと、投げ込まれる空き缶。パラパラの拍手。席を立つ客。ほんとうに人生はチョロイのか。 でも第一話冒頭でドラクエに喜んでくれた学生くん二人が来ていた。
音楽を演奏する限り、受け取ってくれる人がいる。

スポンサーリンク







パセリ。食べても食べなくても良いの。そこに存在する事を忘れないで。
彼らは唐揚げやレモンじゃなかった。パセリなんだ。唐揚げの皿でこんなに語らせるなんて凄すぎるさ。




唐揚げで始まり 唐揚げで終わるカルテット最高!

こんなに台詞の一言一句を聞き漏らしたくないと思わせてくれるTVドラマも珍しい。


スポンサーリンク







あーーー終わる終わる終わる〜〜〜! てかホントこのED椎名林檎の歌めっちゃいいよね!!!合ってるし好き!!めっちゃ楽しそう!

四葉のクローバーみたいな4人だった〜4人で成り立つ愛おしい感じがとてもよかったな〜。ああ、終わってしまうのが儚い〜ありがとうカルテットドーナツホール〜〜!

ちょっとカルテットの終わり方が え、これで終わり?!?!だけど多くを語らないこの感じ嫌いじゃない。

ドラマ始まる前の宣伝で不気味で怖いドラマだと思ってたけど観たらすごく癒し系ドラマだった。
良かった!ありがとうカルテット!


スポンサーリンク






とてもよかった。すずめちゃんに前抱、後ろから家森とか真紀さん幸せしかない。

すずめちゃんのナチュラルなとこも、メイクして美少女なとこも、真紀さんが大好きなとこもすごく堪らなく愛しい.

カルテットドーナツホールのみんなをもっと見ていたかった。

本当に良いドラマだった。音楽だけじゃなくこういう人は私も含めてきっとたくさんいるだろうなぁ。

好きなことを夢にも現実にもできない宙ぶらりんの人たちを全肯定したドラマ。

伝説のシーンがたくさん。「人を好きになることって絶対裏切らないから。人を好きになるって勝手にこぼれるものでしょ?こぼれたものが嘘のわけないよ」

『死と乙女』という選曲、マキさんにもう嘘はない。


いいものを見せてもらったという満足感の中で閉幕。

それにしても最終回は「コロッケと弁護士を足したら地球上で勝てるものはない」というセリフと、有朱の「人生チョロかったwww」が強烈。




まったく先が読めない展開で毎週翻弄してくれた。みっちりつめこまれたセリフの魅力。

伏線が縦横にはりめぐされ、少しづつ回収されていく快感。4人の俳優の演技がぶつかり合って生み出す絶妙のハーモニー。

毎回一瞬も目が離せなかった。この枠のTBSは名作が続く!


★関連記事★
カルテット最終回 謎の女性は椎名林檎?!
カルテット最終回!高橋一生のバックハグがヤバい!