殺人ヒアリ!コンテナで尼崎に上陸!国内初!

top.PNG

高い攻撃性と強い毒もつ「ヒアリ」が国内で初確認されたことが話題です。

中国から神戸港に入港した貨物船で運ばれたコンテナの内部にいるのを、兵庫県尼崎市で見つけ、消毒して死滅させたそうですが、大丈夫なのでしょうか?



スポンサーリンク







5月20日に中国広州市から神戸港に到着した貨物船のコンテナを26日に尼崎市内で開けたところ、床や壁面で大量のアリの成虫や卵を発見。

密閉し、今月1~5日に駆除した。調べた結果、9日にヒアリと分かったそうです。

「ヒアリ」は体長2・5~6ミリメートル程度で赤茶色、腹部はやや黒っぽい。攻撃性が高く、強い毒を持っており、刺されると、体質によってはかゆみや動悸(どうき)などが引き起こされ、呼吸困難などを伴う急性アレルギー反応「アナフィラキシーショック」を起こし、死亡例もあるほどの危険性があるといいます。

広州市では既にヒアリがすみ着いており、同省は「積み出す際にコンテナ内部に付着していた可能性が高い」としている。

今後、神戸港内でコンテナを留め置いた2カ所と尼崎市内のコンテナの開封場所で、周辺への侵入がないかを確認するそうです。

定着は確認されていない模様で一安心ですが、今後も警戒が必要ですね。


ヒアリ.PNG


スポンサーリンク







ヒアリなどの危険生物を見つけたらまずは環境省の管轄区域の環境省地方環境事務所に連絡するようにしましょう。

ヒアリに刺された時の症状として軽度、中度、重度と3段階の症状が出るそうです。

軽度症状:
痛み、かゆみ、10時間後位に膿が出る

中度症状:
数分~数十分後にじんましんが発生

重度症状:
呼吸困難、意識障害、血圧低下
アナフィラキシーによる生命の危険

ヒアリに限らず、他の虫等に刺された場合も大丈夫だろうと自己判断せず、直ぐに病院でみてもらいましょう。

「アナフィラキシーショック」はほんとうにこわいですから。