松本人志 映画 5作目はあるのか?

松本人志さんが映画をつくるワケ



1.jpg

酷評されることも多い松本人志さんの映画。
これまで「大日本人」「しんぼる」「さや侍」「R100」の4作品を発表しましたが、いずれも賛否両論の意見が入り混じっています。

お笑いの才能はあるが映画の才能はない、などと言われていますが、奇抜なアイデアで誰もやっていないものを作ろうとする攻めの姿勢が評価されているのも事実。

松本人志さんの映画作品は、誰にでも分かりやすい娯楽映画ではなく、こだわりを込めた映画になっています。なぜこういう映画を作ったのかを考えさせる作品に仕上がっているのです。

松本人志さんはツイッターの投稿で、「アートって誰もやってないことの見つけ合い」だと発言しています。
映画を作る動機が「観客も誰も予想し得ないもの」をつくりたいという芸術アートなのだと。松本人志さんにとって映画はお笑いではなく自己表現アートなのです。


松本人志 映画 次回作(5作目)のウワサ




スポンサーリンク





松本人志さんの次回作(5作目)のウワサを調べてみると下記のような情報が出てきました。

①第153回芥川龍之介賞を受賞したお笑いタレント・又吉直樹(ピース)の小説『火花』映像化の監督

2.jpg

これはネット配信ドラマで、すでに廣木隆一監督が手がけているので現実的でないような気がします。ただ吉本興業の大崎洋社長が、思い入れのあるタレント松本人志さんを監督に押しているという説も。。。ピース又吉さんも同じ吉本興業所属ですし。


②「燃える仏像人間」の宇治茶監督とのコラボ



不気味な世界観を劇メーションという映像表現で制作された作品ですが、松本人志さんの独特の世界観に通ずるものがあるような気がします。

③武田鉄矢さんを主演にした映画制作

3.jpg

金八先生時代から武田鉄矢さんのファンだったという松本人志さん。映画の構想をねるため、お忍びで海援隊のコンサートに足を運んだとのウワサも。。。

さまざまなウワサが飛び交っていますが真相はどうなのでしょうか?

松本人志 お笑い芸人引退を視野?



松本人志さんが、お笑い芸人を引退することも視野に入れている、とあるテレビ関係者からのウワサもあります。

なんでも松本人志さんは、映画監督として世界的評価の高い北野たけしさんを尊敬し意識しているそうです。お笑い界でもトップに君臨、映画監督でも成功をおさめるたけしさんに映画監督としていつか勝ちたいという思いが強く、次回作をじっくり考えているのだそうです。

4.jpg

お笑い芸人の道を極めていくのか、映画監督として生きる道を選ぶのか。
ウワサの5作目で松本人志さんの今後の方向性がみえるのではないでしょうか。

5.jpg

スポンサーリンク




関連記事
→ 松本人志 映画 R100 感想
→ 松本人志 多くの名言が流行語から日常語に
→ 松本人志の100点に関する名言が熱い!
→ 松本人志の筋肉がスゴイ!アカン警察やガキの使いで見せた肉体!